たいが版「嫌われる勇気」と「嫌う勇気」|アンテナ張ること自体、時間の無駄

マインド

みなさん、おはポジっ!

今日は、2021年9月2日の木曜日。

 

たいが が住んでいる”でっかい道”では

朝6時現在の気温が17℃。

天気は、晴れ模様です。

 

木曜日といえば、花金の前日。

特に盛り上がる要素もない木曜日…

 

あっ!

週刊文春・新潮・女性セブンの発売日だった。

巷では、ゴシップ情報に盛り上がるかな?

ある意味(笑)

 

ゴシップ情報で他人の粗探しを楽しむよりも

自分の内面磨きをしましょ♪

比べるべきは他人とじゃなく、昨日の自分と

ですよ。

 

たいが版「嫌われる勇気」と「嫌う勇気」|アンテナ張ること自体、時間の無駄

 

人間誰しも、できることなら

人から嫌われず、平穏無事に

過ごしていきたいものです。

 

しかし、時には

人間関係の悪化などにより

トラブルへと発展することも。

 

ライティングでも言われる

ことなんですが

文章が八方美人タイプだと

結局何が言いたいのか

信用されないということが…

 

八方美人タイプは損だし

気疲れしちゃいますよ💦

 

ベストセラー著書「嫌われる勇気」とは?

嫌われるのが怖い女性 写真

 

「嫌われる勇気」という言葉。

たいが のブログをご覧くださる方や

ライブ配信を視聴くださる方には

聞いたことのある人も多いハズ。

 

 

ライティングスキルからアプローチする

「ネガ→ポジっ!」オススメ書籍

にてご紹介している

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

の作者であり、ライターの 古賀 史健さんと

アドラー心理学の第一人者である

岸見 一郎さんによるベストセラー著書、それが

嫌われる勇気

という本です。

 

 

この本は、フロイト、ユングと並び

心理学の三大巨頭と称される

精神科医であり心理学者でもあった

アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)

を、アドラー心理学を習得している哲人と

悩みを抱える青年との対話形式でまとめた一冊。

 

目次を見るだけでも、興味の惹かれるものばかり。

第1夜 トラウマを否定せよ
第2夜 すべての悩みは対人関係
第3夜 他者の課題を切り捨てる
第4夜 世界の中心はどこにあるか
第5夜 「いま、ここ」を真剣に生きる

ね、惹かれますよね♪

 

アドラーがたどり着いた、ひとつの結論。

それは

全ての悩みの原因は、対人関係である

ということ。

 

そして悩みの解決方法が

本書のタイトルでもある

『嫌われる勇気』

に繋がるわけですね。

 

ホント、興味惹かれる本だわ~♪

 

【参考、引用】

【Wikipedia『アルフレッド・アドラー』】

【紀伊國屋書店『嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え』】

【ホンシェルジュ『「嫌われる勇気」の内容まとめ&要約!これを読めば全てが分かる!』】

 

たいが版「嫌われる勇気」と「嫌う勇気」

嫌われる勇気と嫌う勇気 写真

 

博識ぶってここまでご紹介してきましたが

実は たいが、この本を読んだことはありません💦

残念っ!

 

でも、色々ググってみると

とても気になる言葉がありました。

 

 

あなたは、誰のために生きているのか?

 

他者からの期待や欲求を満たすためだけに

生きているのでしょうか?

そこには、自分はいるのでしょうか?

自分は自分という、確固たる自信は…

 

人間誰しも他人のレールで生きている

のではありません。

自分自身の人生というレールの上に

生きています。

 

自分を見失うことなかれ。

あなたは、あなたであり

あなたというものがなければ

あなたは、あなたじゃなくなる。

 

他者承認や他者評価に依存してしまうと

あなたは他者を演じているだけの人生に。

 

それであなたは、幸せですか?

依存体質のあなたは

その依存相手がいないと

何もできない他者を演じる。

 

あなたは誰ですか?

あなたは何者ですか?

 

自分は誰ですか?

そして、自分は何者ですか?

 

自分にとってマイナスに働く

依存対象者であるならば

「嫌われる勇気」の逆、「嫌う勇気」が必要

であると たいが は思うのです。

 

自分が依存対象者である他者を「嫌う勇気」

それが必要なんです。

 

嫌うなら目指すべきは、とことん絶対的無関心へ!

 

お互いに無関心 写真

 

人って現金なもので

嫌いになった時点や当初は

まだ、その嫌いになった相手のことを、何かしら思っている

そんなもんです。

 

ある意味

まだ嫌いになった相手に依存している呪縛状態

とも言えるでしょうね…

 

よく誹謗中傷する人って、いますよね。

ホント、悲しくも腹立たしい輩ですよね💦

 

しかし、そんな誹謗中傷する人でさえ

見方を変えると、誹謗中傷相手に対し

必要以上に固執し、依存している呪縛状態

にあると言えなくもないでしょう。

 

まぁ、誹謗中傷受けている

被害者側にとっては

たまったもんじゃないんですけどね…

 

誹謗中傷は、名誉棄損罪に当たり

相手を精神的に傷つける犯罪です!

 

人を呪わば穴二つ。

誹謗中傷は巡り巡って

行っていた本人に

牙を剥くこととなります。

絶対にやめましょう!

 

【動画引用:三木大雲チャンネル『【怪談説法】「愚痴男」』より】 

 

あなたは、嫌いな人にアンテナ張り続けて

生きていたいですか?

好きでもない人のことを思い続けて

楽しいですか?

 

ぶっちゃけ、思い続けるだけ

精神すり減らしていく損失だし

時間の無駄。

 

そう

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄…無駄‼

と「ジョジョの奇妙な冒険」でいうところの

無駄無駄ラッシュもんなのですよ(笑)

 

嫌いな人にアンテナ張り続けるのも無駄だし

精神すり減らす無駄、時間の無駄もあります。

 

無駄なことをやり続ける無駄

究極的に本末転倒なことをしていては

あなたは前に進むことができません。

 

「嫌われる勇気」の対極にある「嫌う勇気」。

嫌いになったら、その人をいつまでも

思い続け罵詈雑言、誹謗中傷するのではなく

絶対的無関心へ。

 

自分にとって害をなす人は

「無の関心の境地」へ

追いやっちゃいましょう♪

 

あなたのネガティブ

ポジティブへと転換できたのであれば

幸いです!

 

 

■ お知らせ ■

私のマインドが「ネガ→ポジっ!」へと

転換するきっかけとなったオススメ書籍を

下記ブログ記事にて、ご紹介しております。

 

 

興味のある方だけ、のぞいてみてください!

 

のぞいた瞬間、あなたは自分を変えようとしている

自分自身に気づくハズですよ♪

 

 

















タイトルとURLをコピーしました