心の力を、私にください|ホラー映画「スウィートホーム」印象深いセリフ

マインド

たとえ今は弱くとも

心の力を磨けば

いずれ強大な敵に立ち向かい

攻略することができる。

 

心の力を・・・

私にください・・・

 

心の力を、私にください|ホラー映画「スウィートホーム」印象深いセリフ

 

スウィートホームは

1989年1月21日に東宝系にて公開された

日本のホラー映画。

 

製作総指揮は「○○の女」シリーズで有名な

伊丹 十三 さん。

女優 宮本 信子さんの旦那さんだった方ですね。

監督・脚本は黒沢 清 さん。

 

出演者も豪華で

主人公の早川 秋子 役には

マルサの女やミンボーの女などの

女シリーズで超有名な

宮本 信子さん。

 

伊丹十三監督の奥様で知られ

私が好きな女優さんの一人でもあります!

 

星野 和夫 役には

味のある芝居が定評だった

山城 新伍さん。

 

星野 エミ 役には

ロックバンドREBECCAのボーカル

NOKKOさん。

 

映画中、最初の犠牲者となる田口 亮 役には

元祖プロレス実況といえば、この方!

ご存知、古舘 伊知郎さん。

 

映画中、2人目の犠牲者となるアスカ 役には

電撃戦隊チェンジマンの女王・アハメス 役が

当たり役となり、「日立 世界・ふしぎ発見!」では

初代ミステリーハンターも務めた

黒田 福美さん。

 

映画中、3人目の犠牲者となる山村 健一 役には

スウィートホーム製作総指揮でもある

伊丹 十三 さん。

 

1989年当時、この錚々たるメンバーが

一堂に会したことで、一躍話題に。

しかも、伊丹十三さん・宮本信子さん

ご夫婦での出演も相まって

そりゃあ話題にならない方がおかしい!

 

残念ながら、版権問題等の訴訟問題があり

ビデオは絶版、DVD化もされておらず

今では視聴するのも難しいという

いわくつきの作品。

 

私、ビデオは持っているものの

デッキがないので、現在は見れず…

 

Amazonプライムとかの動画配信サービスで

視聴できるようになれば嬉しいのですが

訴訟問題まで発展している作品なので

難しいんでしょうね💦

 

映画版「スウィートホーム」のストーリー

スウィートホーム ジャケット 写真

 

興味のある方向けに、私が独断と偏見で

スウィートホームのストーリーを

要約してみます。

 

TV取材班の5名

プロデューサーの星野和夫

ディレクターの早川秋子

カメラマンの田口 亮

ナレーターのアスカ

そして和夫の娘 星野エミ は

フレスコ画家、間宮一郎の作品が残されている

無人の屋敷「間宮邸」に取材目的で入り込みます。

 

映画の冒頭では

和夫が間宮邸を管理している役場へ

立ち入り許可を求めに行きますが

責任者不在であることもあってか

拒否されてしまいます。

 

どうしても折れない和夫と役場職員。

口論中に、後から間宮邸の正門のカギを

預かる責任者が外出から戻ってきます。

責任者も最初は拒否していたものの

「間宮邸の噂は本当なのか?」の実験台に

利用すべく、間宮邸のカギを和夫に渡します。

 

そう、間宮邸は今でいう事故物件。

それを知らずにTV取材班は

間宮邸に乗り込んでいくのです。

 

間宮邸に入る際、取材班の一人で

トラブルメーカーの田口は、30年前に

凄惨な事件が起き、その事件の犠牲者や

間宮夫人らの霊を鎮めるために作られた

供養塔を、知らずに蹴倒してしまいます。

 

そこから、怪奇現象が次々と襲ってきます。

供養塔を壊した田口が最初の犠牲者となり

続いてアスカが、間宮夫人の呪いの犠牲に。

 

途中、ガソリンスタンドの主人 山村健一が

間宮邸の供養塔が崩されていることに激怒

しながら、和夫たちの元にやってきます。

 

仕事が終わったんなら、さっさと帰れ!!

山村老人が言うも

 

帰りたくても、帰れないんですよ!
中に、仲間が二人残ってるんだ!!

そう言って屋敷に戻る、和夫たち。

 

屋敷の中で和夫たちが見たもの。

それは、田口とアスカの凄惨な死体…

そして、和夫の娘 エミまでもが

夫人の霊にさらわれてしまう始末…

 

失意の中、和夫と秋子は山村老人から

間宮邸と間宮夫人の話を聞かされます。

和夫は無謀にも、自分の娘を助けに

行こうとしますが、山村老人に諫められます。

必要なのは集中力、心の力だ!!

心を強くするのは、本当に骨が折れる。
男だって、ひ弱な奴じゃ役に立たんぞ。

和夫に言う山村老人。

 

そして秋子には

ただの女が、母親に勝つのは生易しいことじゃない。

と。

 

山村老人は、和夫と秋子に

「心の力とは何か」を見せます。

もはや超能力です(笑)

 

なんか、山村老人って

「ジョジョの奇妙な冒険」第1部の

ツェペリ男爵を思い起こさせてくれる

キャラなんですよね、私にとって。

 

山村老人を伴い、エミ救出に向かう一行。

焼却炉の中に捕らわれているエミを救うために

山村老人が犠牲となる…

それはもう劇中で、一番凄惨な死に様で…

凄惨な死に様は、ジョジョ第1部の

ツェペリ男爵と同じ。

どこまで被るのだろうか、山村老人(笑)

 

一度救出されたかに見えた、エミ。

しかし、間宮夫人によって

再び連れ去られてしまう…

 

一度、間宮邸から外に出るも

和夫は秋子に

秋ちゃん、僕行ってくるよ!

いいね、エミが出てきたら君は、エミを連れて逃げてくれ。
僕がダメでも、逃げるんだぞ!!

もし無事に戻れたら、その時は…

もう行かなくちゃ。
秋ちゃん…
もうちょっと早く、秋ちゃんに会いたかった。

そう言い残し、単身間宮邸に戻っていきます。

その姿に泣き崩れ、途方にくれる秋子。

 

秋子は一心不乱に

間宮夫人の子供の入った棺を

土の中から掘り起こします。

 

間宮邸に戻った秋子は、気力を振り絞り

子を持つ母親の気持ちを理解するために

エミが持ち歩いていた、エミ自身の

母親の形見となる服を身に着けながら

こう言うのです。

 

心の力…
心の力を…

心の力を…
分けてください…

心の力を…

宮本信子さんの上半身裸の後ろ姿が

拝めるサービスショットも

見どころです!(笑)

 

間宮夫人の怪異を乗り越えつつ

悲劇の発端となった焼却炉まできた秋子。

その中にエミが捕らわれているのを見つけ

救出に行こうとした矢先、焼却炉は炎を上げる。

 

これは幻覚よ…
幻覚に決まってるわ。

そうよ、あたしを試してるんだわ!

心の力を…
心の力を… 私に… ください!

そう言ってエミを助けに

焼却炉へと入っていく秋子。

 

はたして、秋子とエミの運命やいかに?

そして、和夫は…

という内容なんですね。

 

ここまで、もう映画後半までのストーリーを

語っちゃってるんですけどね(笑)

 

あとは、どうにかして

みなさんの目で見て、楽しんでくださいませ!

 

【参考:Wikipedia『スウィートホーム(映画)』より】

 

ゲーム版「スウィートホーム」が残した功績

【動画引用:SumoRobot001『[CM] CAPCOM / スウィートホーム The Famicom (Long Ver.)』より】

 

ゲーム版のスウィートホームは

映画公開と同じ年、1989年の12月15日に

カプコンから発売されたファミコン用ソフト。

 

ゲームシステムはRPGで

若干のアクション要素もあります。

プレイヤーは常に5人のキャラクターのうち

一人を操作していくことになります。

パーティー人数上限は3人のため

2チーム以上に分かれ操作していくことに。

 

マルチエンディングシステムを採用しており

プレイヤーの生き残り人数によって

5通りのエンディングが用意されています。

 

スウィートホームがホラーゲームとして

大きな評価を得ている要因の一つとして

一度死んだキャラクターは、絶対に生き返らない

という徹底した仕様です。

 

仲間が次々に死んでいってしまうと

ゲームが進行不可能に陥ることもあり

「ギブアップ・あきらめる」という

コマンドが存在します。

 

メンバーが死んでしまう時に

カットインされる描写が

小学生の私には、トラウマものでした💦

 

ゲーム版スウィートホームは

バイオハザードシリーズでおなじみの

カプコンから発売されました。

 

本作の独特なゲーム仕様は

カプコンの後の作品にも大きな影響を与え

限られたアイテムやドアの演出は

スマッシュヒット作となる

「バイオハザード」にも継承されました。

 

【参考、引用:Wikipedia『スウィートホーム(ゲーム)』より】

 

ホラー漫画家 御茶漬海苔さんが描く『御茶漬版スウィートホーム』

 

ホラー漫画家として知られている

御茶漬海苔さん著『惨劇館7』では

間宮家の30年前の惨事を漫画にしており

32ページにまとめられています。

 

山村老人が若き日に

間宮家の召使だった頃のことが

描かれています。

 

私は、電子コミックを購入して

読みました。

スウィートホームファンは

一見の価値アリ! ですよ♪

 

まとめ:心の力という精神力があれば、悪霊をも昇天させる!

 

今回はポジティブの押し売りというより

スウィートホームという映画やゲームの

紹介になっちゃいましたね(笑)

 

でも、いいんです!

私が好きなホラー作品でもあるので。

 

現に、スウィートホームがなければ

もしかしたらバイオハザードは

世に出ていなかったかもしれないのです。

 

そんな魅力的な、ホラー映画

スウィートホーム。

興味ある方は、ぜひ何らかの方法により

ご視聴くださいませ(笑)

 

たまには、こういうのもいいよね!

それでは~♪

 

 

















タイトルとURLをコピーしました