弱音とネガツイ、吐くならどっち!?ポジティブ転換師たいがの見解

言葉

みなさん、おはポジっ!

今日は、2021年9月3日の金曜日。

 

たいが が住んでいる”でっかい道”では

朝6時現在の気温が17℃。

天気は、晴れ模様です。

 

今日は花金!

気兼ねなく深酒できる「花の金曜日」。

たまぁ~にの深酒ならまだしも

毎週、花金に深酒してたらダメですよ!

 

良くも悪くも、ルーティンという習慣化は

あなたを変える、継続は力なりの影響力

なんだから。

 

お酒を”百薬の長”にしたいなら

ほどほどに、ね。

 

弱音とネガツイ、吐くならどっち!?ポジティブ転換師たいがの見解

 

弱音とネガツイの違い。

あなたは、わかりますか?

 

なぜ救いようがあるのは

弱音なのか?

ネガツイではダメなのか?

 

たいが お得意の

独断と偏見的解釈で

この理由を紐解いていきますよ♪

 

弱音とは

弱音を吐く男性 写真

 

弱音とは

弱弱しい声。力のない物言い。いくじのないことば。

【出典:コトバンク『精選版 日本国語大辞典「弱音」の解説』より】

とあります。

 

たいが お得意の独断と偏見的解釈で

弱音を考えてみると

どうにかしたい、何とかしたいという意思からくる、不意打ち的発言

なのかなと。

 

抗いつつも、何かの拍子に

ポロっと出てしまう的な・・・

そんな気がするのです。

 

ネガツイとは

ネガツイは洗脳 写真

 

ネガツイとは

ネガティブツイートをする人

のことを言います。

 

ツイートというのは

Twitterにおける投稿のことを

意味しているため、本来なら

ネガティブツイートというと

Twitter上でのネガティブ発言

という意味で捉えられます。

 

現在では、ネガツイというと

TwitterのみならずSNS全般で

通用する言葉であると

たいが は思っています。

 

たいが お得意の独断と偏見的解釈で

ネガツイを考えてみると

ぶっちゃけ、自己洗脳の何ものでもない発言

であると思います。

 

弱音と違い、何かの拍子に

ポロっと出てしまうのではなく

半ば意図的に、半ば洗脳的に

言い続けているイメージが

たいが にはあるのです。

 

究極の2択なら断然、弱音! でも、吐き続けるのはダメですよ…

 

弱音とネガツイ…
吐くならどっちがいいの?

と言われると、正確には

どっちも吐き続けない方が良い

と言えるのですが…

 

あえて究極の2択としたら

断然、弱音の方と言えます。

その理由について、弱音とネガツイ

それぞれの正体について見ていきましょう。

 

弱音は自責

恋愛エッセイ本を多く手掛けている

ブロガーのDJあおい さんが

ブログ読者からの相談で

弱音と愚痴の違いがわからなくなってきた

ということについて解説されている

記事がありました。

 

DJあおい さんによると

弱音は自責、愚痴は他責

として話されています。

 

自分を責めるか

他人を責めるか

責任感あるなしの違い

というDJあおい さん。

 

その中で、弱音には

このような傾向があるのだとか。

✓ 自責(弱音)が過ぎると、他人の責任まで被ってしまい、その重さにいずれ潰される
✓ 自責傾向のある人には、他責傾向のある人が寄ってくる
✓ 自責傾向のある人は、責任の重さに潰される
✓ 自責傾向のある人は、他人から必要とされたい心理
✓ 自責傾向のある人は、真面目過ぎ

【参考、引用:DJあおいのお手をはいしゃく『弱音は自責 愚痴は他責』より】

 

「弱音=自責」と捉えた

DJあおい さん。

自責傾向のある人の特徴を

わかりやすく解説されております。

 

これに私、たいがの見解

どうにかしたい、何とかしたいという意思からくる、不意打ち的発言

を組み合わせてみると

 

どうにかしたい、何とかしたいという「自責傾向」からくる、不意打ち的発言

ということになります。

 

ネガツイは、弱音(自責)と愚痴(他責)のダブル役満

弱音に対して、それじゃあ

ネガツイはどうなるのか?

 

ネガツイは、弱音ばかりか愚痴も含む

弱音(自責)と愚痴(他責)のダブル役満

のハイブリッド型でございます。

 

弱音(自責傾向)についての

DJあおい さんの見解は

先ほど、ご紹介したとおり。

 

愚痴については

✓ 他責(愚痴)が過ぎると、自分の責任まで他人になすりつける、ただの害虫駄々っ子ちゃんに
✓ 他責傾向のある人の責任を、自責傾向のある人に押し付ける
✓ 他責傾向のある人は、無責任な態度で干される
✓ 他責傾向のある人は、他人を必要としたい心理
✓ 他責傾向のある人は、不真面目すぎ

【参考、引用:DJあおいのお手をはいしゃく『弱音は自責 愚痴は他責』より】

 

「愚痴=他責」と捉えた

DJあおい さん。

他責傾向のある人の特徴を

わかりやすく解説されております。

 

ネガツイは

自責と他責のダブル役満ハイブリッド型

でございます。

 

これに私、たいがの見解

ぶっちゃけ、自己洗脳の何ものでもない発言

を組み合わせてみると

 

ぶっちゃけ、自己洗脳の何ものでもない「自他責混合ハイブリッド型」の発言

ということになります。

 

そう考えてみると

弱音とネガツイ
吐くならどっちがいいの!?

と問われると

 

たいが
たいが

断然、弱音!

という、たいが の見解は

ご了承いただけるのではと

思います。

 

でも、これは「究極の2択なら」

ということも付け加えておきます。

 

弱音もネガツイも、元を正せば

程度はどうあれ、ネガティブな発言

だからです。

 

✓ 言葉は言霊
✓ 継続は力なり
✓ 現状維持バイアス

これら3つの言葉は

たいが がよく話題にする

言葉たち。

 

そして、これらの言葉は

良くも悪くも作用するという

表裏一体、陰と陽の

対極作用効果を併せ持つのです。

 

ネガティブなことは手放し

ポジティブなことを取り入れていく

愚直なまでの継続努力が必要。

バカの壁を超えよ!

 

あなたのネガティブ

ポジティブへと転換できたのであれば

幸いです!

 

 

■ お知らせ ■

私のマインドが「ネガ→ポジっ!」へと

転換するきっかけとなったオススメ書籍を

下記ブログ記事にて、ご紹介しております。

 

 

興味のある方だけ、のぞいてみてください!

 

のぞいた瞬間、あなたは自分を変えようとしている

自分自身に気づくハズですよ♪

 

 

















タイトルとURLをコピーしました